胃腸科
胃内視鏡検査

胃や食道の病気の早期発見に。体への負担の少ない経鼻内視鏡も行っています。

大腸内視鏡検査

日本人にも急増中の大腸がんの早期発見・治療のために

ピロリ菌検査

ピロリ菌は胃・十二指腸潰瘍や胃癌との関連が指摘されています。

肛門科
痔の治療について

痔は症状や種類によって治療法が変わってきます。

日帰り痔の手術

手術も体への負担が少なくなり、日帰りで受けることが可能になっています。

ジオン注

痛みを感じない内痔核に注射をする治療法です。

内科
健診・検査

体の異変の早期発見に定期的な健診を。

在宅ホスピスケア

自宅での療養を希望される方のお手伝いをいたします。

プラセンタ
外科
巻き爪のワイヤー矯正

日常生活にほとんど支障をきたすことなく巻き爪を治療します。

巻き爪のワイヤー矯正

巻き爪は食い込んだ爪が軟部組織を傷つけ炎症を起こした状態です。爪が食い込むため痛みがでたり、爪の横の肉が赤く盛り上がったりします。

巻き爪の主な原因

  • 深爪:爪を短く切りすぎると爪のまわりの肉が爪を圧迫し爪が湾曲する原因になります。
  • 足に合わない靴:つま先の細い靴やハイヒールによる爪への圧迫が続くと巻き爪の原因となります。
  • 遺伝:爪が薄かったり、柔らかかったりすると巻き爪を起こしやすくなります。
  • 急激な体重の増加
  • 水虫による爪の変形 など

超弾性ワイヤー矯正

爪の2か所に穴をあけて特殊合金製のワイヤーを通し、そのワイヤーの元に戻ろうとする力を利用して巻き爪を矯正します。爪の伸びた部分に穴をあけますので痛みも出血もほとんど無く矯正ができます。

巻き爪

施術は10分程度で終了し、日常生活での制限もありません。爪の伸び具合に応じて1~2ヶ月に一回付け替えます。軽いものであれば2ヶ月程度で矯正することができます。