胃腸科
胃内視鏡検査

胃や食道の病気の早期発見に。体への負担の少ない経鼻内視鏡も行っています。

大腸内視鏡検査

日本人にも急増中の大腸がんの早期発見・治療のために

ピロリ菌検査

ピロリ菌は胃・十二指腸潰瘍や胃癌との関連が指摘されています。

肛門科
痔の治療について

痔は症状や種類によって治療法が変わってきます。

日帰り痔の手術

手術も体への負担が少なくなり、日帰りで受けることが可能になっています。

ジオン注

痛みを感じない内痔核に注射をする治療法です。

内科
健診・検査

体の異変の早期発見に定期的な健診を。

在宅ホスピスケア

自宅での療養を希望される方のお手伝いをいたします。

プラセンタ
外科
巻き爪のワイヤー矯正

日常生活にほとんど支障をきたすことなく巻き爪を治療します。

胃の内視鏡検査について

内視鏡を挿入し、食道、胃、十二指腸を調べます。胃がん・胃潰瘍・食道がん・逆流性食道炎・十二指腸潰瘍などの発見に有効です。当クリニックでは体への負担の軽い経鼻内視鏡検査も行っています。

胃内視鏡検査の費用

  • 胃内視鏡検査 
    6,000円~15,000円(3割負担)
    3,000円~5,000円(1割負担)

経鼻内視鏡検査について

約5mmの極細内視鏡を鼻から挿入して検査をします。

経鼻内視鏡のメリット

1.吐気が少ない
一般的な内視鏡検査検査をのときには口から入れた内視鏡が舌の奥に触れ「オエッ」という吐き気を催すこと(咽頭反射)があります。経鼻内視鏡検査では鼻から内視鏡をいれるので舌の奥に触れることも無くほとんど吐気をもよおすことがありません。
2.体にやさしい
経鼻内視鏡は約5mmの極細内視鏡です。鼻への挿入もスムーズで検査中の苦痛も少なく、強い麻酔も必要ありません。30~60分後には飲食が可能です。
3.検査中に会話ができる
経鼻内視鏡は鼻から通すため、口を塞ぐことがなく検査中でも会話ができます。質問をしたり医師とコミュニケーションをとることができますので、安心して検査を受けることができます。

経鼻内視鏡のデメリット

1.鼻からの挿入が困難な場合もある
鼻腔が狭い場合やアレルギー性鼻炎の方などは鼻からの挿入が難しい場合もあります。
また、鼻から出血することもあるので抗凝固剤を服用されている方は経鼻内視鏡検査を受けることができません。
2.鼻の違和感などが起こることがあります
鼻に薬をスプレーしたり内視鏡が通ったりするため検査後に鼻に違和感を感じた痛みを感じたりすることがありますが、ほとんどは一時的なもので改善します。

検査の準備

検査前日の注意

食事は21時までに軽く済ませてください。

検査当日の注意

検査予定時間の5時間前まで水分(水・お茶)の摂取のみ可能です。

逆流性食道炎について

欧米比べると患者さん数が少ないと言われていましたが日本でも逆流性食道炎の患者さんは増加傾向にあります。胸焼けや酸っぱい液や苦い液が胃から上がってくるような症状にお悩みの方はご相談ください。

逆流性食道炎がおこるしくみ

胃の中は胃酸によって強い酸性になっていますが普段は筋肉の動き(下部食道括約部など)の働きで酸が上がってこないように閉じられています。この下部食道括約部の締め付ける圧力が下がり胃酸や胃の内容物が上がってくることで逆流性食道炎が起こります。

逆流性食道炎の主な症状

  • 胸やけ
  • 酸っぱいまたは苦い物が喉に上がってくる
  • ゲップが出る
  • 食べ物が胸につかえる
  • のどがいがいがする・
  • 咳が続く
  • 嘔気

逆流性食道炎の主な原因

  • 加齢に伴う姿勢の変化
  • 肥満
  • 妊娠
  • 脂肪の多い物や甘い物の食べ過ぎ
  • たばこ・飲酒・前屈みの姿勢・肥満
  • ストレスの増加

逆流性食道炎の治療

極めて重症化した場合以外は薬で症状を抑えていくことができます。また再発防止には生活習慣の見直しも必要になります。逆流性食道炎は再発しやすい病気ですので症状が出なくなっても生活習慣に気をつけ医師の指示通りにお薬を飲み続けるようにしてください。