胃腸科
胃内視鏡検査

胃や食道の病気の早期発見に。体への負担の少ない経鼻内視鏡も行っています。

大腸内視鏡検査

日本人にも急増中の大腸がんの早期発見・治療のために

ピロリ菌検査

ピロリ菌は胃・十二指腸潰瘍や胃癌との関連が指摘されています。

肛門科
痔の治療について

痔は症状や種類によって治療法が変わってきます。

日帰り痔の手術

手術も体への負担が少なくなり、日帰りで受けることが可能になっています。

ジオン注

痛みを感じない内痔核に注射をする治療法です。

内科
健診・検査

体の異変の早期発見に定期的な健診を。

在宅ホスピスケア

自宅での療養を希望される方のお手伝いをいたします。

プラセンタ
外科
巻き爪のワイヤー矯正

日常生活にほとんど支障をきたすことなく巻き爪を治療します。

痔の種類

いぼ痔

いぼ痔には直腸側にできる内痔核と、肛門側にできる外痔核の2種類があります。

内痔核

肛門の血管が腫れていぼ状ぶなったものです。はじめのうち症状は排便時の出血のみですが、症状がすすむといぼが脱出して指でおしこんでも戻らなくなり痛みも出るようになります。

内痔核

内痔核の症状

Ⅰ度 痔核が肛門の内側で膨らんだ状態。排便時の出血のみで痛みはない。
Ⅱ度 痔核が排便時に脱出するが自然にもとに戻る。出血だけでなく痛みも出るようになる。
Ⅲ度 脱出し指などで押し込まないと元に戻らない。出血だけでなく痛みも出るようになる。
Ⅳ度 脱出したまま元にもどらない。

内痔核の治療について

Ⅱ度までは薬で治すことができますが、それよりも症状が進んだ場合は、ジオン注日帰りの手術が必要になります。

外痔核

肛門皮下の静脈の血栓や血腫で強い痛みがあります。代表的なものに血栓性外痔核があります。疲労、飲酒、便秘や下痢、いきみなどが原因となりできます。正体は血豆なので表面が破れると出血することもありみます。

外痔核

外痔核の治療法

血栓性外痔核の場合は多くは生活習慣の改善と軟膏や座薬で治療する保存的治療で症状が改善します。

痔ろう

肛門の皮膚と直腸粘膜のつなぎ目の弱い部分(歯状線)から細菌が入り込んだために、肛門の周囲に溜まった膿が切開されたり自然に破れたりして排泄されます。肛門ガンになる恐れがあるので早めに治療を受ける必要があります。

痔ろう

痔ろうの治療について

痔ろうは基本的に自然治癒することがなく、手術が必要になります。

きれ痔

下痢や便秘などが原因で肛門がきれてしまった状態です。便時に少量の出血と痛みがあります。痛みを抑える為に排便を抑えるようになると、傷が慢性化して肛門潰瘍になることがあります。肛門潰瘍になると肛門がせまくなるため便が通りにくくなりさらに悪化していきます。

きれ痔

きれ痔の治療について

初期は保存療法で治療が可能です。慢性化した場合は手術が必要になります。