胃腸科
胃内視鏡検査

胃や食道の病気の早期発見に。体への負担の少ない経鼻内視鏡も行っています。

大腸内視鏡検査

日本人にも急増中の大腸がんの早期発見・治療のために

ピロリ菌検査

ピロリ菌は胃・十二指腸潰瘍や胃癌との関連が指摘されています。

肛門科
痔の治療について

痔は症状や種類によって治療法が変わってきます。

日帰り痔の手術

手術も体への負担が少なくなり、日帰りで受けることが可能になっています。

ジオン注

痛みを感じない内痔核に注射をする治療法です。

内科
健診・検査

体の異変の早期発見に定期的な健診を。

在宅ホスピスケア

自宅での療養を希望される方のお手伝いをいたします。

プラセンタ
外科
巻き爪のワイヤー矯正

日常生活にほとんど支障をきたすことなく巻き爪を治療します。

プラセンタについて

プラセンタとは胎盤のことです。
胎盤は、まだ一人だちしていない胎児の各種臓器を代行する、万能の臓器です。
胎盤は胎児に栄養を運ぶだけではなく細胞分裂を促進させる役割を持つ「成長因子」が含まれています。
そのパワーを治療に利用するのがプラセンタ療法です。
製薬会社により無菌な人間の胎盤より精製される厚生労働省認可の医薬品で、副作用もほとんどありません。

プラセンタの効果

プラセンタはもともと、肝機能障害や更年期障害の治療に利用されていましたがその他にも、アンチエイジングや疲労回復などにも効果が期待でできます。

アンチエイジング
美白効果・肌のターンオーバーの正常化・コラーゲンの生成を促進しハリや潤いのある肌に
抗アレルギー作用
免疫システムを改善し花粉症などのアレルギーを抑えます。
血行促進作用
血行を改善し肩こりや冷え性などを軽減します。
更年期障害
ホルモンバランスを整え、生理痛や更年期障害を改善します。
肝機能を高める
肝機能が高まることで、体内の老廃物を除去する効果が期待できます。

費用について

注射は原則として、自費となります。

プラセンタ注射(1A)  1,000 円
プラセンタ注射(2A)  1,500 円
にんにく注射  1,500 円

※注射のみの金額となります。

安全性について

副作用はほとんどないといえますが、他の医療行為と同じように全く副作用がないとは言えません。わずかな副作用の例としてかゆみや倦怠感などを訴える方もいます。

プラセンタ注射は生物由来製品ですが、製造過程の高圧蒸気滅菌処理によって各種ウィルスが不活化され、B型肝炎、C型肝炎、エイズのウィルスが存在しない事は確認されています。しかしながら、変異型クロイツフェルト・ヤコブ病は、現在の科学的検査ではスクリーニングや発症前診断が確立しいないため、現在発見されていない未知のウィルスによる感染の危険は理論的には完全に排除することはできません。そのため、平成18年、厚生労働省からは「ヒト胎盤由来医薬品の接種者は献血を控えるように」との通達が出されています。